値切りの提案

賃貸マンションは値段交渉で家賃を値下げしてくれることがあります。 値下げの交渉をしやすい時期があります。賃貸マンションの入れ替わりが多い2月から3月の間は交渉できる可能性は低くなるそうです。入れ替わりが落ち着く5月から交渉が成功しやすい時期になるそうです。 1年間で1番値下げしやすいのは9月です。さまざまな条件が重なり安くなります。すでに値下げされている物件もあります。 空き部屋がある賃貸マンションは比較的家賃の交渉をしやすいと言われています。空き部屋が長く続くと家賃を値下げしてまで、早く入居して欲しいと願うものです。 築10年以上の物件も、交渉しやすいといいます。 逆に築浅の物件は交渉しにくいそうです。

最近は、分譲用に建てられた物件の賃貸もしているそうです。分譲タイプの物件は、賃貸マンションよりも設備が充実していると言われています。 分譲物件のメリットは、たくさんあります。購入する人のために建てられたマンションなので、住み心地の良いところが多いそうです。環境が良く、スーパーが近くにある物件も多いといいます。 建物自体頑丈で、管理も行き届いているそうです。間取りが使いやすいところや、設備が充実しているところも分譲タイプの魅力だと言われています。 分譲タイプの物件は人気があるので、すぐに決まってしまうこともあるそうです。 分譲タイプの物件をお試しで数年借りて、気に入ったら購入するというパターンもあります。